スクールネットパトロール

子どもたちが安全にインターネット活用できる環境をつくるスクールネットパトロール

ピットクルーはスクールネットパトロールを通じてネット社会の健全化に貢献し、子どもたちが安全にインターネットを活用できるよう、見守り続けます。

スクールネットパトロールの概要

子どもたちがインターネットで危険やトラブルに巻き込まれないよう、インターネットでの発言や行動などをSNSやネットコミュニティのパトロール・実態調査で情報収集し、レポートにまとめて報告します。
定期的なインターネットの巡回調査のほか、重大な危険を察知した際の関係者への緊急連絡、生徒児童や学校が関わった事件や事故に起因する話題を24時間体制で調査する個別調査など、さまざまな視点で子供たちを見守ります。
さらに、スクールネットパトロールで収集した情報を活用し、講演やセミナー、相談窓口の開設・運用などインターネットに関わるトラブルへ直接、対処できるインターネットセーフティサービスも提供しております。

安心・安全なインターネット社会への取り組み
ピットクルーはいわゆる「学校非公式サイト(学校裏サイト)」が社会問題化した2009年からネットパトロールに取り組み、その後、教育・相談へと事業領域を拡げてまいりました。
現在では全国で30以上の自治体、教育委員会、学校、団体から継続的に事業を受託している十分な実績と経験がございます。

ピットクルーの課題解決力

流行の移り変わりが早く、今年の子どもたちがSNS上で何をしているか分からない
地域や学校ごとに、子どもたちがよく使うインターネットサービスや利用動向を調べ、全国的な傾向との差や、危険性の有無などをわかりやすくレポートします。
自分たちでもパトロールしているが、件数が多すぎて網羅性や検出時の対応に自信が持てない
地域や学校ごとに必要十分なパトロールを行うノウハウを蓄積しています。
検出した投稿は、それぞれリスクレベルを判定して定量的に重要度が把握できるようにするほか、リスクレベルが特に高いものが見つかった場合には、緊急報告や定点監視など問題の早期解決に向けたお手伝いをします。
児童生徒や学校に関わる問題投稿があったので削除したいがどうすればよいか分からない
いったんインターネットに投稿された文章や画像などは、話題になってしまうほどコピーが拡散し、二次的なトラブルを招きかねません。一刻も早く適切な対処を施すため、問題の投稿が見つかった個々のインターネットサービスに応じた、安全な削除依頼の手順や方法をピットクルーがアドバイスします。

提供しているサービスメニューの一例

ネットパトロール

自治体や学校からの依頼を元に、SNSなどインターネット上のコミュニティを調査して、ネットいじめ、自殺・自傷行為の教唆や助長、犯行予告やいたずら行為、個人情報など、子どもたちがトラブルや事件に巻き込まれる、加害者になる恐れがあるような投稿を、ピットクルー独自のシステムと経験豊富なスタッフのノウハウを組み合わせて収集します。
収集された情報には、それぞれ問題の重さを定量的に判断できるようリスクレベルが割り当てられ、関係者への緊急連絡、報告など、その内容の重要度や危険性に応じた対処をいたします。
またパトロールの結果は分析して一定期間ごとにレポートにまとめ、子どもたちへの指導や地域・学校が取り組む施策に活用できるようご報告いたします。

ネットパトロールのポイント
  • リスクレベルに基づいた調査により、地域や学校などを取り巻く状況を定量的に知ることが可能
  • 子どもたちがインターネットをどこでどのような使い方をしているか、日常指導につなげられる情報を提供
  • 危険性・事件性の高い投稿へは、被害拡大の抑制や問題解決のための緊急個別対応を実施

定点監視と個別調査

ネットパトロールや関係各所からの通報などにより検知した投稿に対し、以降どのようなやり取りがされるか動向を追う定点監視、学校や関係者が巻き込まれた事件や事故の話題が、インターネットで拡散されていないかを24時間体制で調査する個別調査など、完全性をさらに高めるネットパトロールに付随した監視のご依頼も承っております。

定点監視と個別調査のポイント
  • 投稿の動きをリアルタイムで追い、状況報告が受けられるため迅速な対処が可能
  • 緊急性が高い問題にもネットパトロールの体制をベースに24時間の監視体制を速やかに構築