catch-img

ピットクルーで働く人たち ~セールスメンバーへの社員インタビュー~

こんにちは、ピットクルー オウンドメディアチームです。

突然ですが、みなさんはピットクルーの企業理念をご存知でしょうか?


ピットクルーはその名の通り、サーキットを走るレーサーを支えるPITCREWのように、お客様のご要望に沿った様々なサービスを提供することで、お客様のパートナーとなり、より豊かな社会へ貢献していくことをモットーとしています。


そんなお客様のパートナーって実際にはどういうことなの?どんな人が働いているの?というピットクルーの裏側について掘り下げてみようということで、今回はセールスグループに所属するKさんとYさんのおふたりに、今のお仕事やピットクルーについてお話を伺いました!




————— まず初めに、ピットクルーへの入社の経緯を教えてください。


Kさん:ピットクルーには約3年前に入社しました。もともと家族も含め昔からゲームが好きで、ゲーム会社の仕事に興味がありました。

ピットクルーはゲーム関連の運営支援を行う会社とのことで、ゲームに関わる仕事ができると思い、入社しました。


Yさん:私はITやテクノロジー業界に興味があり、インターネット業界について調べていたところ、ピットクルーの「投稿監視サービス」を知って、興味を持ったことがきっかけでした。

まだ入社して半年ほどですが、前職とは業務内容が大きく違うので、難しく感じるときもあります。


————— 前職ではどのようなお仕事をされていたのでしょうか?


Yさん:前職は同じ営業職で、主に新規事業の立ち上げや開拓業務をしていましたが、今と違って有形商材を扱っていました。現在もこれまでの経験を活かし新規開拓事業に取り組んでいますが、無形商材を扱うのはほぼ初めてのため、大変な面もあります。


————— Kさんも中途でのご入社でしたが、現在のお仕事と前職の業務との違いで大変だったことはありましたか?また、同時にどんな時にやりがいを感じますか?


Kさん:前職では個人向け営業でご自宅に訪問し対面でのコミュニケーションをとることで人間関係を作り、契約に繋げる営業スタイルだったため、法人クライアントとの商談や提案書の作成、契約書のやり取りといった営業プロセスには、慣れるまでに時間がかかりました。

      

Kさん


また、想像していたよりも取り扱うサービスの種類が多かったことに驚きました。

臨機応変さが求められましたが、逆に言えば幅広い提案をすることができるということなので、クライアントのニーズに対して自分なりに、当社のどのサービスを提供することがニーズにお応えできるか提案するサービスや提案内容を考えて、商談の仕方を工夫しています。その結果、受注につながったときは、とても面白みややりがいを感じますね。


Yさん:私も自分の提案の仕方次第で、お客様の要望に沿った様々なサービスを作り、提案していけることに、とてもやりがいを感じています。


————— なるほど、そうなんですね。おふたりは仕事をするうえで、気を付けていることはあるのでしょうか?


Kさん:気を付けていることとして、「明るく元気に!」をモットーにスピード感ある対応を心がけています。

対応させていただくお客様に、私の振る舞いが悪い印象を与えず、好感を持っていただけるよう心がけています。


Yさん:私はコミュニケーションの取り方を意識しています。新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、対面でのミーティングが減り、社外、社内問わずですが、コミュニケーションの取り方が大きく変わりました。

 web会議、メール、電話、チャットなど多様なチャネルを従来以上に活用する機会が増えています。それぞれのケースで、どのチャネルを使うことが一番効果的なのかを常に考えるようにしています。


 ​​​​​​​

Yさん


前職では個人単位での営業活動がスタンダードだったことに対し、ピットクルーは実業務を行うオペレーション部門とのやり取り・連携がとても大事なので、社内でのコミュニケーションの取り方もとても意識しています。


————— 社内の話が出ましたが、ピットクルーの雰囲気はどのように感じていますか?


Yさん:私は入社後に、新型コロナの影響で在宅勤務が多くなってしまったため、社内で直接コミュニケーションを取る機会が少なくwebでのコミュニケーションなどが多いのですが、フラットで風通しの良い職場と感じます。


Kさん:私は入社前の面接で、とてもアットホームな印象を受けたのですが、入社後もそのアットホームな社風のイメージに変わりはありませんでした。有休の調整などもしやすい職場です。


————— たとえば、ピットクルーは男性の育休についても実績があり、今年も取得している方がいらっしゃいましたね。  最後に、今後の展望について聞かせてください。


Yさん:新規開拓で取引先を広げること、また前任者から引継ぎ担当させていただいている既存お取引先の業務拡大にも努めていきたいです。また、プライベートな話ですが、家を購入したいと考えています。


Kさん:私は現在、大型案件の商談を進めており、受注に向けてオペレーション部門と協力し提案を進めているところで受注に繋げたいです。あと、今年中に結婚したいですね!


————— おふたりとも、どうもありがとうございました!



いかがでしたでしょうか?

短いインタビューではございましたが、少しでも社員や社内の雰囲気を感じ取っていただけたら幸いです!

それではまた、こちらのブログでお会いしましょう。


​​​​​​​

WHITEPAPER

資料ダウンロード

サービスに関する詳しい資料を無料でご用意しております。